#026 Karin Dreijer Andersson

6 Jun

karin-dreijer-andersson

Karinの軌跡を辿ってみれば90年代後半に結成されたスウェーデッシュバンド、Honey is Coolにさかのぼり、この頃からThe Knifeの結成辺りは、カントリーロックとジャンルにて活動を行って来た。その後The Knifeの3枚目のアルバムからは主にエレクトロニックと言うジャンルに移行。Royksoppにヴォーカルとして参加し、最近では彼女のソロプロジェクトであるFever Rayと多才と言う程。ヨーロッパの様々なメディアに「次世代のKraftwerk」とも絶賛される彼女ですが、カントリーミュージックからエレクトロの方向性の変化も、不思議と彼女の生き様を眺めている様でとても魅力的な女性だと思います。毎回ビジュアル面に置いてのコラボレーションもすばらしいのでビデオもチェックしてね。ライブもすごい!日本に来て欲しいものです。

Honey is Cool – Something About The Mountain
The Knife – You Take My Breath Away
The Knife – Heartbeats Planning to Rock Remix
The Knife – Silent Shout
Royksopp – What Else Is There Trentemoller Remix
Fever Ray – Seven
Royksopp – Tricky Tricky
Fever Ray – Triangle Walks Tiga’s 1-2-3-4 Remix

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: